053-438-5460
ご注文はこちら

みかんの種類

ささ農園がお届けする感動のこだわりみかん
ささ農園が出荷しているみかんのラインナップをご紹介します。
甘みと酸味のバランス、大きさや皮のタイプ、食べ頃など、それぞれに個性があるので、どれもごひいきに!
“太陽の台地とこだわり農法が生んだ柑橘の女王「せとか美人」の魅力

品種別情報

きわ立つ成熟の早さ! ゆら 極早生10月上旬~

甘さと酸味の絶妙のバランスをいち早く味わう
他品種の極早生みかんに比べても成熟時期が早く、10月上旬から収穫ができるみかんです。果皮の色が「ホタル尻(下部に少し黄色がかった状態)」になったら、収穫時期のサインです。果実は丸くてやや小さめ。じょうのう(果肉を包む薄皮)がたいへん薄く、そのまま食べてもまったく気になりません。甘さとさわやかな酸味のバランスが良く、後味もスッキリしています。

シーズン到来を告げる! 興津 早生10月下旬~

味抜けのしない濃厚な旨味の早生
みかんの代表格ともいえる存在感です。収穫時期は10月下旬からで、「みかんシーズンは興津から始まる」といっても過言ではありません。高糖度かつ適度の酸味があり、濃厚な旨味と、味抜けのしにくさが魅力です。

「ホタル尻(下部に少し黄色がかった状態)」になったら、収穫時期のサイン。

これぞみかんの王様! 青島みかん12月~

ポピュラーな品種だからこそ違いがわかる
青島みかんは、高糖度で、酸味との調和の優れたみかん。「みかんの王様」と称されるのも納得のおいしさです。早生みかんと比べると果実が一回り大きく扁平形をしており、果皮も厚めの粗い肌をしています。じょうのうはやや固めですが、味はピカイチです。青島みかんの収穫は12月からで、ささ農園では、よりおいしく召し上がっていただくために、温度や湿度を管理した倉庫で熟成させています。年によって多少のずれがありますが、通常は2月の中旬から下旬が、一番おいしい時期です。

贅沢な柑橘クイーン! せとか2月中旬~

甘みぎっしり、まるでスイーツ。まさに柑橘の女王

せとかは2月中旬より収穫しています。この時期一番の柑橘類で、青島みかんが王様ならば、せとかはさしずめ柑橘の女王でしょう。果実は250g程度で比較的大玉、糖度が高く食味も良好の柑橘です。橙色の果皮はなめらかで美しく、しっとりとした感触です。浮き皮もなく、じょうのうは非常に薄く、果実がぎっしりと詰まっています。


じょうのう(果肉を包む薄皮)はやや固めですが、味はピカイチ。ささ農園では、温度や湿度を管理した倉庫で熟成させています。


橙色の果皮はなめらかで美しく、しっとりとした感触です。

このページの先頭へ